私たちと一緒に歌いませんか?見学のことなどお気軽にお問い合わせください♪
GOSPELサークル八王子JOYの
BLOGへようこそ♪

141019sgfestival.JPG
2014年10月「生涯学習フェスティバル」出演中の模様
(「広報はちおうじ」掲載)

見学希望の方、新メンバー随時募集中!
地域のイベントやお祭りなどの出演依頼なども
歓迎しておりますので、
ぜひお気軽にメールでお問い合わせください♪
※JOYからのお願い〜イベント出演ご依頼につきましてはこちらから「お願い」↓をご一読ください。


📩メールはこちらへ

当サークルの詳しい紹介と レッスンスケジュールは下記からどうぞ。


★CONTENTS★
当サークルのご紹介

レッスンスケジュール (Googleカレンダー)





2017年07月25日

What's Gospel〜「ゴスペルって何?」…簡単なゴスペル音楽の成り立ちのご紹介

現在は神を称える音楽として認知されているゴスペル。

だが、それはアメリカで実に348年(8世代)に渡り続いた「奴隷制度」の中で生まれた音楽であることを忘れてはならない。

アフリカから奴隷として強制的にアメリカに連行された黒人達は、人間としてのあらゆる自由と尊厳を奪われ、過酷な労働を強いられた。

そんな中で彼らの魂の癒しとして生まれたのが労働歌(ワークソング)や黒人霊歌(ニグロスピリチュアル)である。

それらの歌は彼らに唯一許された集会である教会の日曜礼拝において”ゴスペル”となって代々歌い継がれてきた。
なぜならゴスペルは神への感謝、生きる希望、来世への期待を歌う歌であり、彼らの抑圧された精神を開放してくれたからである。
その後、奴隷制度の廃止、キング牧師などによる公民権運動という社会の変化と共にゴスペル音楽も進化発展を遂げたが、その精神は今もなお彼らの日常を支える大きなエネルギーとなって
アメリカ各地のプロテスタント教会で歌われている。
posted by RINO at 23:44| 東京 ☀| What's Gospel? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする